確実に成績アップを目指す|家庭教師で自分に合った授業を受けよう

先生と生徒

義務教育でも入学試験

勉学

中学受験とは小学校を卒業してから中学校に進学をする際、選抜の入学制度を取り入れた私立中学校や国立中学校などの学校に入学試験を受けることをいいます。日本では中学校までが義務教育ですから中学校へ入学する際は、わざわざ入学試験を受ける必要はありません。そのため公立の中学校へ進学をする場合は、入学試験を受けなくても誰でも進学が出来ます。しかし京阪神周辺や首都圏は私立中学校が多いこともあり、中学受験を受けて私立中学校へ進学を目指す子どもは多くいます。このように中学受験を行ない進学する場合は必ず全ての受験者が合格するわけではありませんから、中学受験に打ち勝つ勉強や環境作りを行なう必要があります。

中学受験が必要のない公立中学校とは違い、私立中学校や国立中学校は国が定めた学習方針や教育理念がないことから比較的しばられずに教育を受けることが出来ます。また私立中学校では欲しい生徒を選抜する傾向にあります。これは入学試験で考える力や、考える力を見抜きそれぞれの学校が求める力を持っている生徒が選ばれます。また私立中学校の中学受験では公立小学校で行なう学習よりもレベルの高い問題が試験で出題されます。そのため中学受験を行なう場合は、普段小学校での学習ではついていくことが難しいといわれています。中学受験を控える多くは、塾や家庭教師などの教育サービスを利用しています。塾などでは受験に合わせた内容で授業を行ないますから、受験合格を目指す場合は教育サービスを利用しまよう。